美容整形を東京で受けるなら【おすすめ施術やクリニック選び方法】

ウーマン

二重施術を選ぶ前に

カウンセリング

腕の高い医師に頼るのがおすすめ

腫れぼったい目を卒業して、すっきりとした顔立ちに見せやすい二重施術を受けるために、東京の美容整形クリニックを利用するのも最適です。二重の施術を受ければ、半永久的にぱっちり二重を維持し続けられます。まぶたに負担をかけないために、毎日のメイクで二重を作る人も中にはいますが、毎日行なう必要があるので、手間に感じてしまう場合もあります。外科的な療法で二重を作り出せたら、毎日メイクでぱっちり二重を作らずに済むのは確かです。手間無くきれいな顔立ちを整えるためには、東京の美容整形クリニックを頼るのがおすすめです。しかし、まぶたを外科的な療法で整えるため施術を受けるとはいえ、麻酔注入に恐怖を感じてしまう人もあります。しかし、腕の立つ医師が在籍しているクリニックを見つければ、安心して施術が受けられます。

麻酔注入方法

東京のクリニックでは、二重施術を行なう前に施す麻酔注入方法は局所です。一重に局所といっても、ちゃんと段取りを踏まえます。まず、注射針を打つ前に患部へクリーム麻酔を塗ります。麻酔の成分が、徐々に浸透してから局所麻酔を打つのです。一旦、クリーム麻酔から局所麻酔の順で打ち込めば、注射針の刺激を最小限に抑えられます。しかも、局所麻酔で使用される注射針自体も極細設計なので、不安を抱きにくいのと、まぶた表面だけに打ち込むので裏側や眼球にまで先端が到達しにくいです。

気になるキズ跡は

外科的な療法の場合は、まぶた表面にメスで切り込みを入れるのを前提としています。そのため、キズ跡が目立ちやすいのではないか心配になってしまいます。実は、外科的な二重施術の場合、切開した跡はしわのように見えるので気になりにくいです。うまい具合に、二重の折り目がしわみたいに見えるので、安心なして身を委ねられるのは確かです。

写真通りの効果が現れるわけではない

東京のクリニック公式サイトによっては、ビフォーアフター写真が掲載されている場合があります。施術を受ければ、どんな効果が得られるのかはっきりとわかるので、参考にしやすいです。ただし、二重の施術を受けたからといって、写真通りの見た目が得られるわけではないです。あくまで、モデルとして掲載しているにすぎないので、二重の美容整形施術を受けても同じ結果にならないことを認識していただきたいです。ビフォーアフター画像は、数多く存在する二重施術は効果がもたらされるのかを参考程度に見ておくのがおすすめです。

場合によっては脂肪除去も

二重施術を受ける場合、場合によってはまぶた内にある脂肪を除去する施術も必要となります。人によっては、まぶた内部に脂肪が多くあるため、腫れぼったい印象を与えてしまうのです。その余分な脂肪の影響によって、ぱっちりと目をあけることが出来ない場合があります。余分な脂肪を除去しておけば、黒目部分がはっきりと見えるパッチリな目に整えられます。東京の美容整形クリニックでは、事前カウンセリングでまぶたの脂肪除去施術を受ける必要があるかを確認しておくのをおすすめします。